EN JP ES
政府と企業
政府・企業向け ソリューション

JC500は、特に大型車両用に設計されています。建設フリートツールとして、計画どおりの納品、コスト削減、安全性など、あらゆる面からプロジェクトを管理するのに役立ちます。

管理者と車両をつなぐ架け橋
このプラットフォームにより、管理者は、中間デバイスを介して、車両と対話できます。中間デバイスは、車両データを収集してアップロードし、管理者の指示に従って動作します。
管理者と車両をつなぐ架け橋
任務を正しく送る

任務を正しく送る 車両またはドライバーは定期的に仕事をすることが可能で、任務を割り当てる管理者はプラットフォームをチェックして待機状態のものを選択できます

私的使用を減らす

私的使用を減らす リアルタイムの位置と運転許可の二重保証により、公用車の私的使用を効果的に削減できます

損失回避

損失回避 管理者がプラットフォーム上でリアルタイムの車両位置を簡単に取得可能で、車両上のさまざまなハードウェアとソフトウェアにより、損失を最初から打ち消します

ドライバーと車両の両方の安全性
このソリューションが提供した新しい技術は、安全を言葉で思い出させる代わりに、実用的なデータ駆動型の標準を採用し、運転の危険を排除するのに強力です
ドライバーと車両の両方の安全性
ドライバー認証

ドライバー認証 ドライバーは、RFIDまたはカードリーダーを搭載した車両を管理者が承認した「キー」で起動することになっています。これにより、管理者はいつ、どのドライバーが運転したかを把握できます。

ドライバーの行動分析

ドライバーの行動分析 車両の速度、加速速度、異なる軸の角度を感知して分析することにより、不適切な運転行動を示すアラートがプラットフォームに送信されます。

ドライバー指導

ドライバー指導 プラットフォームでの運転行動の記録により、管理者は各ドライバーの運転習慣を評価し、安全意識を強化するための必要な措置を取ることができます。

コストとパフォーマンスのバランスをとるソリューション
本質的には、コストとパフォーマンスは互いに相反する2つの極端です。このソリューションは、余計なコストを削減し、フリート向上のコスト構造を最適化することを目的としています。
コストとパフォーマンスのバランスをとるソリューション
最適な車両数量を見つける

最適な車両数量を見つける 車両の使用頻度の定期的なレポートを簡単にロードできます。管理者はデータを分析して最適な車両の数量を見つけ、適切な決定を行うことができます。

予防メンテナンス

予防メンテナンス 車が故障したときの修理費用は、車の故障を回避するための定期的なメンテナンスの費用よりもはるかに高くなります。利用状況レポートにより、管理者はメンテナンスが必要な車両を把握できます。

燃料監視

燃料監視 搭載した燃料センサーにより、管理者は、燃料レベルが低いか、激しく低下した場合に状況をすぐに把握して解決策をすぐに講じられます。

政府と企業
さらに詳しい情報 お問い合わせ